おたんこなす

思いつき日記ととび森の記録

乳の日、星野や、別邸回、ストーカー。

こにゃにゃちわ。

我が家にももちゃんが帰ってきましたよ。f:id:candynachu:20140616130059j:plain

ばんざーい!

今まで結婚に伴うアレコレにより実家に預けてたのです。

f:id:candynachu:20140616130213j:plain

帰り道に、ももちゃんにチンコを頭突きされるの図。

f:id:candynachu:20140616130226j:plain

なぜか端っこでくつろぐモモ先生の図。

f:id:candynachu:20140616130235j:plain

フレブルのこの唇のだるんだるんがたまらく好きなのは、私だけではないはず。

f:id:candynachu:20140616130244j:plain

乳の日にて、日本酒 for daddy。

旦那はおとなしくcc lemon飲んでおります。

 

そんな感じの週末を過ごし、今日は月曜。

ヒルナンデスを観ている私。

「星野や」の特集してました。

 

 

うおーーーーーーーーーーーーー!

やっぱり素敵!

 

 

 

でも、私も行ったことある!

 

 

 

 

 

 

前の前の男と。

 

 

 

 

・・・・・。

 

 

 

(以下の写真は公式HPより拝借)

f:id:candynachu:20140616130301j:plain

本当にこんなかんじでした。

星野や軽井沢のほうね。

宿泊は2泊〜ってことで、私らは3泊した記憶が。

 

 

f:id:candynachu:20140616130736j:plain

素敵やろーーーーーー♡

 

今の貧乏なこの現状では行けない夢の国です。

今の貧乏なこの現状では行けない夢の国です。

今の貧乏なこの現状では行けない夢の国です。

今の貧乏なk

 

 

 

独身って、すばらしかったな........。

 

f:id:candynachu:20140616130803j:plain

※ これはオンラインRPGではありません。

 

f:id:candynachu:20140616130716j:plain

ここに泊まりましたけど、「極上の休息」がコンセプトなだけあって

 

テレビもねぇ!

ラジオもねぇ!

車もそれほど走ってねぇ!

 

吉幾三の世界です。

 

ついでに時計もないでした。

 

f:id:candynachu:20140616134100j:plain

部屋に付いてるテラスはこんなん。

 

この世の極楽浄土とはここではあるまいか。

 

「ねぇねぇ!外にソファある!ねぇねぇ!外にソファある!」

「おしゃれ!おしゃれ!」

とか言ったと思います。たぶん。

 

そんなシャレオツな外のソファで本を読んでみるも、

なにせ20代前半だったものでジッとしてられず、

速攻でフロントに電話をし

 

「DVDデッキとプロジェクタ貸してください」(有料)

 

 

 

・・・。

 

 

 

「極上の休息」がコンセプトの「星野や 軽井沢」にて

 

TSUTAYAで借りてきた「24」を観まくりました。

 

 

 

「ジャック!早く!」

「トニーがまさかの.....。」

「ええええ!トニーが?!」

 

(たぶんシーズン2か3あたり)

 

 

と、極上の休息を無駄遣いしたあの日。

 

 

 

過去のわたし、バッカじゃねーの!

過去のわたし、死んじゃえ!

 

 

 

そして、それを微笑みながら見守ってくれた当時の彼氏よ、ありがとう。

 

 

でもぶっちゃけ、3日間もあると自然を堪能するにも限界があると思います。

サバイバル的な自然とは違うのでね。

刺激がないと生きてゆけない人もいるのです。ふふふ

 

ちなみに、軽井沢で本当のサバイバル生活を5日間やったこともあります。w

テントを張ることからはじまり、

朝4時に起きて、薪割ってご飯を飯盒で炊くの。

電気もないし、お風呂もない。

トイレは茂み。

夜中は熊に注意する。

 

どうよ。おまえらに出来んのか!おらーーー!

 

もう2度とやりたくない。

 

 話は戻り、

f:id:candynachu:20140616131447j:plain

ここでも食べました。

ふつうでした。 www

 

私はそれよりも、部屋で好きなのを注文して、

部屋でセッティングしてくれるサービスのやつのほうが

10倍くらい美味しかったし 好きだった。

 

星野やのサービスって、いちいちフロントから車で来て 色々やってくれる。

敷地が広いからね。

その「手間掛けてます!」感も演出のひとつなんだろうねぇ。

 

 

f:id:candynachu:20140616131452j:plain

ライブラリー。

置いてある本がオシャレすぎて手に負えない。

 

私が好きな

「南米裏旅行」とか

「海外ブラックマップ」とか

「アジア裏旅行」とか

そんなん全然置いてない。

 

リノベーションとか建築うんぬん、空間どうのこうの系が多かった気がする。

 

せめて「NIKEスニーカー図鑑」とか

当時ハマってた「ヴィトン」の図鑑とかがあれば...。

別に「魚の図鑑」でもいいよ もう。

 

私は図鑑が好きなんだよ。

で、ページごとに好きなものベスト3とかのランク付けるのが好きなんだよ。

 

ちなみにアジア裏旅行の平間さんに「私も平間さんの旅に同行したい」と

お願いしたことがあります。w

「今は本業が忙しくて旅行に行けないから、行く暇ができたら考えとく」と言われたまま放置されています。

 

平間さん正解!

 

 

 

f:id:candynachu:20140616131500j:plain

こちらは温泉施設でございます。

部屋にも小さいお風呂ついてたけど、

お外にもちゃんと温泉がある。

 

混浴じゃないのが、非常に非常に非常に残念な施設です。

温泉にひとりで入るって、なんか怖くない?w

 

 

温泉旅行が大好きで、九州方面以外はほとんど制覇したはずだけど、

選ぶ基準は絶対「混浴」。

これです。

 

もしくは「貸切」。

これです。

 

せっかく男と一緒にきてるのに、お風呂が別とかつまんねーです。

男とキャッキャしたいっす。

 

ここの温泉には、なんか洞窟みたいな とにかく真っ暗な温泉があるんだけど

ちょ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜怖かった。

 

あれはなんだったんだろう。

精神統一させるつもりなのか。

静寂と暗闇の湯の中でなにをさせたいのか。

ちなみに、誰も入ってなかったよ。w

 

オシャレな人の考える事は時々わかりませんねぇ。

 

 

「星野や」も相当良かったですが、私的には

那須高原の「山水閣の 別邸 回」のほうが好きでした。

 

なにせ、でけーお風呂が宿泊部屋の下にドドーーーンと付いてるの。

露天風呂付き部屋とかそういう次元じゃない。

とにかく凄かったよ。

もちろん部屋についてるお風呂だから、彼氏と一緒に入れるしね。

キャッキャできるしね。むふふーです。

 

 

そんな贅沢な温泉旅行のほとんど全部は、お金を持っていた当時の彼氏に連れて行ってもらったのですが、

(やっぱりね。って思った人 正解!)

別れた後、彼はストーカーと化し、私の友人にまで迷惑をかけるという...。

 

この間、友人たちとの飲み会でまたこの話を持ち出され、

「ほんと、なつこのつき合う男って頭おかしい!」

と言われてしまいましたの。

 

悲しいですね。

 

でも事実なのですね。

 

1度つき合うと長く続くのですけども、そのあとストーカー化してしまうのですね。

旦那の前につきあった人もストーカーになってしまい、職場にまで迷惑をかけてしまったほどでしたの。というか、警察が介入するほどでした。

 

友人たちと

「なつこがそういう素質のある男(ストーカー素質)を選んでしまうのか」

「なつこがそういうふうに(ストーカーに)育ててしまうのか」

という議論がなされましたが、未だ答えが出ません。

 

でもなんとなく、もしかすると

別れ方がヘタなのかな〜〜〜 と思います。

 

最近ストーカー殺人のニュースが頻出してますねぇ。

それを見るたびに

「ああ、殺されなくて良かった」

と本気で思います。

 

ストーカー問題で刑事さんのお世話にまでなった私から言わせていただきますと

「ストーカーを甘くみてはいけない。」

「とにもかくにも全力で逃げろ。」

「とにかく消息を絶て。」

 

これです。

 

相手側の両親に協力を仰ぐとかも無理だから。

たいてい認めない。

警察や第3者から通達してもらって、はじめてちょっと気に留める。

そんな程度なものなのですねぇ。

 

あーこわいこわい。